Emacs24.4でλを愛でる。


先日リリースされたEmacs24.4, 巷ではビルトインブラウザewwが話題を呼んでいるようですが、実はlisperにはおなじみの機能がひっそりと取りこまれています。

ぷりちーらむだ

lisperにはおなじみのlambdaですが、いかんせん長い。この問題は、世のLisperを悩ませる問題の一つであるようで、例えばclojureにおいてlambdaは fn となっていて、後発Lispならではの工夫が見られます。

せめて見た目だけでも短かくしたい!! という願望が生みだしたのがいわゆる「ぷりちーらむだ」。ざーっと調べるだけでもいろいろと記事が見つかります。

Emacs で lambda をかわいくする — ありえるえりあ

pretty-lambda – Life is very short

pretty-symbols.elでlambdaをλと表示してみよう。その他のキーワードにも対応! | MELPA Emacs Lisp Elisp パッケージ インストール 設定 使い方 スクリーンショット | るびきち「日刊Emacs」

この「ぷりちーらむだ」がEmacs24.4では標準機能として取りこまれています。

prettify-symbols-mode

まずはLisp-modeで、やおら M-x prettify-symbols-mode とし、lambdaとタイプしてみましょう。 かわいいλが出てくるはずです。

こうなったら、EmacsLispでも使いたくなってきます。

次のようにして、prettify-symbols-alistにalistを追加すれば、emacs-lisp-modeでもかわいいλが出てくるはずです。

(add-hook 'emacs-lisp-mode-hook
          (lambda ()
            (push '("lambda"  . ?λ) prettify-symbols-alist)))

なぜ今更とりこまれたのかなどいろいろありますが, お手軽にλを愛でることができるというのは素敵ですね。