imgur.comにEmacsから画像をPOSTするimgur.el


というのを作ってみました。もともとはRから出力した画像を気軽にアップできたらいいなと思ってe2wm-R.elの機能の一つとして作っていたのですが、作っているうちにいろいろと夢がふくらんできたので、e2wm-R.elとは独立してリリースすることにしました。

インストール

package.elをお使いの方はMarmaladeを利用したインストールがとても手軽です。M-x list-packages として imgur.el を探してインストール。後は再起動するだけで使えるはずです。

Marmaladeからのインストールについては以前書いた日記が多少参考になると思います。

Marmaladeはお手軽感が素敵なEmacs Lispのリポジトリサイト

そうでない方は、GitHubからimgur.elを落としてきて、ロードパスの通ったところに置いてください。

myuhe/imgur.el

それとanything.elに依存していますので、同様に置いておく必要があります。

後は.emacsあたりに(require ‘imgur)と書けば使えるはずです。

使い方

使い方はさらに簡単。M-x imgur-post とするだけです。

このとき、Diredバッファかimage-diredバッファであれば、キャレット下のファイルがPOSTされます。そのどちらでもない場合は今開いているファイルがPOSTされることになります。

POSTが成功すると、Anythingインターフェイスにより得られた画像のURLをどう処理するかたずねられますので適当に選んでください。

http://i.imgur.com/KZHl5.png

これから追加したい機能

今回使っているAPIは、個人認証を必要としないためお手軽なのですが、これまでPOSTした画像などリストアップすることができません。

imgurではOauthによる個人認証のしくみがあるのですが、Oauthまわりで手こずってしまいまして、今回のリリースには見あわせることとしました。

というわけで、どなたかOauth1.0のライブラリを作ってくれる方を募集しています。

明日のsheepheadは

順番があべこべになってしまいましたが、新しくなったe2wm-R.elについて書く予定です。