妖精さん増強


昨日、お願いしていた処理は、ことごとく失敗。
 まず、GISの方は、ギガバイト級のtempファイルをArcGISがいつの間にか吐き出しまくっていて、ドライブの容量がスッカラカンになったあげく、エラー。おいおい、たかだかフィールド削除するだけなのにほんと使えんやろうだ。さすがに頭の良い妖精さんもそこまで面倒見れないっつの。

 winbugsの方は、またしてもtrap。kuboさんバージョンzipモデルも、やはり駄目・・・事前分布操作でも駄目となると・・・う~ん

 問題を切り分けると、まずzipモデルがいけてないってパターンと空間ランダムプラスzipがいけてないってパターンの二つが怪しい。まずは空間ランダムを考慮しないパターンで攻めるとしてみます。

 こうなると、本格的にばぐす作業が必要になってくるので妖精さんを増強することにしました。
 別の部屋に置いてたノートPCに環境構築して、妖精さん化。んで、VNCwーwロwサwクしてリモートマシンとして操作することに。うん、こいつはリモート妖精さんと名付けよう。
 サブ妖精さんもさすがにローカルだとめんどいことこの上ないので、余ってたIEEEケーブルをメイン妖精さんとつないで、lanを構築。
 これでどうにかメイン妖精さんとサブ妖精さんが多少なりとも会話できるようになりました。

 これで、妖精さんが三人。CPUベースで4つはwinbugsが稼働できるな。あんまり使われていないPCをリモート妖精さん化すれば、もう少し増やせないこともないが、結構環境作るのがめんどくさいのでとりあえずはこれでしのぐか。