妖精さん酷使


昨日、妖精さんにお願いしていた測地系変換作業は、どうにか無事に終わっていて、なんとな~くうまくいってそう。
 ちなみに、県境と重ね合わせてみた絵はこんなかんぢ。

http://blog-imgs-40.fc2.com/m/y/u/myuhe/sinnrinnbo.png

 ちと、微妙にずれてる・・・けど、これは、座標系云々の問題ではなくて、元々のデータの問題なのでせう。そもそも、ベースにしたデータ自体、座標系とか測地系とかほんとにちゃんとできてるかも怪しいやつなのでこの辺りは大目に見る。というか、大目に見るしかない。
 もともと、座標系が何かもわからないデータだし・・・
 ま、座標系はこれで良いということにして、次は属性の編集。が、これも結構大変で。データが10万近くもあるので、フィールド削除するだけでもすんごい時間がかかるわけで。これは時間しか解決してくれないので、メイン妖精さんにいろいろとお願いする。

 これで、GIS作業は、一段落させて引き続きBUGS作業。これも、だいぶ放置気味。
 これまでのおさらいすると、zipモデルにspatial.expを入れたモデルで回したがtrap。zipモデルもcongdon先生バージョンとkuboさんバージョンの2バージョン試したけど、それでもやっぱだめ。ってとこで終了。

 その後、Q大に行って、ODさんにどうしましょって聞いたところ、ODさんはこう言いました。

  「タウに気をつけろ」

 どうやら、タウの扱いがミソらしい。
 そのあと、さらにODさんからメールが来てすばらしいtipsを伝授していただきました。

 タウの事前分布は非負ってことで、ふつーはガンマ分布仮定になるのですが、ガンマ分布のパラメータってば、正規分布のように平均と分散ってわけにはいかないので、事前分布の設定がちと大変。

 ってわけで、どうにかして正規分布を使うためのtipsとして、打ち切り関数なるものがあって、silandar先生なんかも使ってるそうな。
 で、早速タウの事前分布を打ち切り関数正規分布に書き換えて、分散も絞り上げてみることに。
 む~最初ではこけない。しばらく回してみる価値がありそうです。

 しかし、主軸のメイン妖精さんはGIS作業にてんてこ舞い故、出動不可。こういうときこそサブ妖精さんの出動です。

 サブ妖精さんは、ちょっと型は古いもののまだバリバリの現役。メイン妖精さんとサブ妖精さんはCPU切替器でディスプレイ、マウス、キーボードとか共有していて、普段は眠っているのですが、こういった有事の際に起きます。

 ただ、職場のネットワークの関係上ローカルでしか使えないので非常に面倒。いつの間にか古くなっていたRのバージョンとかESSのバージョンとか、winbugsのパッチとか替えるだけでも一苦労です。sshとかで使役するとすんごく楽なんだろうが、うちの職場はなぜかwin縛りという極悪ルールが存在するため、それもかなわず。南無三。

 閑話休題、どうにか整理が終わって早速サブ妖精さんにMCMC計算をお願いする。シングルスロット故、cpuをフル稼働させているのでなかなかわからんが多分うまくいってるだろう。

 この時点で手持ちの妖精部隊はすべて出動。後は、他の部屋にあるやつを使うしかないんですが。それもめんどくさいのでこれにて、退散。

 明日はどうなってるか、ちょっと楽しみです。誰か気を使って勝手に消してたりして・・・

 
 

  • なか

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    最適解にやられるってやつ?
    マルコフチェーンはまわっているのか??
    モンテカルロってなんだ??
    MCMCMCだったりなんだかよくわかりまへん。

  • myuhe

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    大丈夫、僕もよくわかってないので・・・