日曜のあられ降りしきる山中でのお話


 今日は、日曜。
 いつまなら買い物したり、ネット見たり、マターリなデイズなわかですが、なぜか山の中にいます。
 事は遡って、一昨日の話、とある友人からの電話が鳴ったのでした。

 友人k「日曜ひま?」

 ボク「まあ。暇といえばひまだけど・・・」

 友人k「八代で遊ぼうか?」

 ボク「もしかして、調査?」

 友人k「うん」

 かくして、麗らかな日曜に八代の山中で調査と相成ったわけです(wヌД`)wコwカwコwカ
 天候はあられ。しかも、山と言うより、崖といった方が良いような所をわたりあるき、1時間ほど歩いて調査地へ到着。
 そして、調査終了が午後4時。日も沈みかけております。

 ん?このまま帰ったら、もしかして遭難する?これはまずいということで、近くにある集落まで駆け下りて難は逃れたのですが、今度は乗ってきた車がない。車は今下りてきた尾根のずっと向こうのほう。

 公平なるじゃんけんのもと、ボクは車持ってくる係に任命され、GPS片手に山中をウロウロ。車を発見し、みんな乗り込んだのは日もとっぷり暮れた午後6時。(,,-_-)

 あの電話の時、仮病使ってでも断っておくべきだった、と悔やんでも先には立たず。

 皆様も怪しい電話にはご注意を