w-zero[es]のバッテリー浪費対策でkeylocksuspenderいれてみました。


 昨日も書いたように、w-zero3[es]はバッテリーがすぐなくなるので、それ相応の対策が必要になってきます。

 まず、考えられる対策ですが、

1.液晶のバックライトを暗めにする。
  1番手っ取り早いかも。夜とかは、そこまで明るくなくても、十分に見えます。昼間の野外とか見えないときは逐次明るくすれば良いわけで・・・

2.電波状態を示すランプを常時OFFにする
      なぜかesにはバッテリー状態をランプで示す機能があります。んが、はっきり言って見ない。
  それと常時発光しているので、非常にバッテリーの無駄使い。ということで、非表示に設定。設定方法は↓

  「設定」-「ユーティリティ」-「電波状態表示ランプ」のチェックをはずす

3.できるだけ、サスペンドにさせておく。
  これも、なかなか効果的。使わないときは即サスペンド。ま、これがなかなか面倒くさいわけです。そこで、便利なのがkeylocksuspenderというアプリです。

     W-ZERO3向けプログラム         

 これを常駐させておくことによって、端末側面に付いている、キーロックをかけることで、自動的にサスペンドになります。これで、めんどい操作なしで一発でサスペンド。

 後はクロック数を弄るとかテクもありますが、そこまでしなくても上に書いたようなことすれば、だいぶ持つようになった気がします。
 
 是非お試しを