地獄の黙示録-鹿児島朝までオールナイト編-


~~~~~~~追記~~~~~~~~~~~

目覚めると、体中に激痛が走りました。よくよく考えると昨日の激闘のせいで体中がぼろぼろ。となりで爆睡しているchokuにやられたと思うと腹が立ってきて、とどめさしてやろうかとも思いましたが、思いとどまりました。

 が、よく彼の体を見てみると拳は皮がずりむけ、腕は傷だらけのアザだらけ・・・wケwワwヘwッwホwルΨ(`∀´)Ψwキwキwキ

 そいつが、なかなか起きないので、勝手に出発することに。しかし、大きな難関が。そいつのご両親はすでに起きているのです。もっと困ったことに、昨日僕が泊まったことを知らないわけで。

 ここで、僕がのこのこ茶の間に出て行くと

     wセwー━━━━||Φ|(|wン|∀|wン|)|Φ||━━━━wフ!!

みたいなことになりかねないので、土下座覚悟で茶の間に突入。事の一部始終を一生懸命話してどうにか納得してもらいました。

 その後、午前10時に福岡発熊本行きのバスに乗車。で下に続きマイカーで鹿児島に出動。今度は鹿児島で宴が始まります。

 今日のメンバーはnariさん、マサル㌧。え、熊本でも飲めるジャン、というツッコミはなしで・・・

 最初は吉野という郊外のところで飲み始め、結局街中まで出張ることに。

 正直これまでの疲れで、頭は朦朧。気分は最悪。といっても、ベロベロだったんですけど。

 どうにか、宴も終わり、今日の宿になる祖父の家へ。時間は午前3時。もう寝てるだろうな~とか思いつつドアに手をかける漏れ。

 「あ、鍵かかってる・・・」

 当然、鍵なんて持っているわけないです。こんな深夜に老夫婦が起きているわけもない。

 愕然としつつ、また街へ出動。ネカフェで「バガボンド」を朝まで読みましたとも。疲労と睡眠不足でフラフラになりつつ、朝の九時、帰宅。

 その後、泥のように寝たのは言わずもがな。

 とりあえず、生きてたし良かったか。

  • d$(1=q(BMAIL:

    SECRET: 0
    PASS:
    とりあえず死ぬなー!
    ではよいお年を!

  • SECRET: 0
    PASS:
    どうにか、生きてます。